読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

農地法5条違反です

農業委員会から連絡がありました。

「おたくの農地に盆栽が置いてありますが」

ありますね。みごとな松の盆栽が、たくさん。ご近所の方が丹精されているものです。

って、ああ、だめじゃないですか。

 

農地法4条・5条

・許可を得ることなく農地を農地以外のものにしてはいけない

・許可を得ることなく農地の譲渡、賃貸等をしてはいけない

・虚偽の申請によって許可を得てはいけない

違反に対する罰則は、3年以下の懲役又は300万円以下の罰金

 

 

坂の途中の空き地(地目は畑)に接して、古い知り合いの家があります。曽祖父の代からの付き合いの雑貨屋さんです。

この方が空き地の様子をみてくれています。草を刈ったり、はまり込んでいる車に声を掛けたり、奥に陥没した場所があることを知らせてくれたり。

 

空き地を放っておくと草が生えます。ヤブ蚊やらアブラムシやらが発生して近所に迷惑をかけます。

ときどき道に迷った車が入り込みます。ここの土は柔らかいので、タイヤがはまって往生します。

陥没した場所があると覗きに来る人がいます。落ちても這い上がるトムソーヤのような子どもならいいけど、ご老人も覗きに来るんです。ご老人は落ちないでください。ちょっとした捻挫でも何日も不自由な思いをするし、気分が塞ぎます。

ということで、雑貨屋さんにはお世話になっています。ご自分の庭の延長のように面倒をみていただいています。

で、

この方が丹精されている盆栽が増えて、ご自分の庭に置ききれなくなったとき、

「裏の空き地に、ちょっと置かせてもらっていいですか」

となり、

裏の空き地の持ち主は、

「どうぞ置いてください」

と言いました。

自然な流れでしょう?農地法5条違反です。

 

農業委員会も、こんなケースで罰金だの言いません。というか、目に入りません。盆栽の鉢はずっと置いてありました。

今回連絡があったのは、この土地に絡んで、私があれこれ申請していたからです。

申請があれば、行政は調査しなければいけません。調査して違反状態をみつけたら、是正勧告しなければいけません。

わざわざ盆栽の並んだ農地を俎上に上げたのは私です。

なぜそんなことをしたのかって?農地法5条を知らなかったからです。

いえ、知っていました。こういうもの

農地法第4条・5条[農地転用]について考える - 軽トラにノコギリ積んで、ヤギと一緒に山を走ります

を書いていました。

ごめんなさい。

 

慌てて父に電話しました。父は雑貨屋さんに電話しました。なんとか鉢を撤去してもらわないと。

でも、電話じゃ話にならないんです。父がそう言うんです。

それはそうでしょう。ずっと使っていた土地を、いきなり立ち退けと言われても困ります。

でも、このままでは私も困るので、直接会って話すことにしました。父と一緒に押しかけることにしました。

職場に欠勤届を出して、新幹線に乗りました。有給休暇はね、もう全部使い切っちゃってます。夏からこっちの、行ったり来たりで。

 

直談判、あっさり話がつきました。

電話で話にならなかったのは、高齢者同士の遠隔コミュニケーションの問題でした。

話がこじれていたわけではなく、そもそも通じてなかったんです。ふたりとも耳がちょっと遠いんです。

 

父と私の連絡手段は主にメールです。

アナログ音声回線の苦手な父ですが、デジタル情報回線は得意です。この人、第一級陸上無線技術士です。

磁気ディスクの前の、磁気テープの前の、紙テープの時代から電算機使ってきて、今も使ってます。

50年前の写真とか、100年前の登記簿謄本とか、頼むとすぐにデジタル化して送ってくれます。

 

ところで、盆栽。

あっさり話がついちゃって、時間持て余しちゃいましたよ。

立ち退きがうまくいかなかったら、この土地の申請を取り下げて、他の土地で申請し直すつもりだったんです。

そのために、法務局とか市役所とかに行く時間をみていたんです。

法務局とか市役所とかは平日しかやってないので、いちいち欠勤しないと行けないんです。

年度末の忙しいときに、書類の山を隣の机に押し付けて、2日も休んで来たんです。

そして時間を持て余しているんです。

各方面、ごめんなさい。

廃車を撤去した話

2016年夏 93番地の道はなくなっていました。

8年ぶりに来た私は、坂の途中で車を降り、藪をかきわけて歩きました。

そして、たどり着いたところには、こんなものがありました。

f:id:aldertree:20170306185530j:plain

これ、放っておいていいんですか?

 

93番地の土地家屋を貸した人は、

「契約が終わったら、原状に復帰してもらう」と言います。

原状復帰?どうやって?

運び出すための道がありません。

契約が終わったら?

でも、この国には借地借家法という法律があるんです。

風情のある廃屋を持ちたいと思います - 軽トラにノコギリ積んで、ヤギと一緒に山を走ります

 

心配です。

 

2016年秋 93番地に道ができました。

f:id:aldertree:20170306185810j:plain

いい道でしょう?春になったら筍が収穫できます。収穫しないと道がなくなります。

 

2016年冬 近くで工事がありました。

工事車両をうちの駐車場に置きます。通路にうちの敷地を使います。

この辺で工事があるときは、その辺の空いてる場所を使うんです。どうぞ使ってください。 

私は仕事を休んで見に行きました。立ち会いとかじゃないです。その頃仕事に嫌気がさしていたんです。だから行きました。「働く車がいっぱい!見なくちゃ!」つまり、野次馬です。

 

工事車両は93番地を通ります。93番地には廃車があります。工事の現場監督が腕組みをして言いました。

「この車、どうするんです?」

土地を貸した人は、期限が来たら撤去してもらうと言っています。

それが簡単にいかないだろうと、野次馬は心配しています。

「これ、動かすの、難しいですよね?」

タイヤが地面にめり込んでいます。荷台に木が生えています。それでも、廃車の持ち主は「ちゃんと動く車です」って言うんです。

「動かしたいなら」現場監督が言いました。「うちのショベルで牽引できますよ」

 

うちのショベル!

f:id:aldertree:20170306190704j:plain

なんと頼もしい姿でしょう。

そのうえ、うちのブル!と、うちのダンプ!も、手伝ってくださると。

その場で電話しましたよ、廃車の人に。「すぐに来てください。ご相談があります」

そして、どかしてもらうことになりました。5台の廃車を。

 

物を動かすには、動かす先が必要です。場所をつくります。

目の前に空き地があります。空き地の真ん中に芋が生えてます。一畝だけ。

隣にまとまった畑があって、大根と白菜が植えてあって、なぜか空き地を挟んで芋が生えてるんです。一畝だけ。

地目は雑種地です。

畑の人に、「ここを整地したいので、明け渡してもらえますか」と頼みました。「まだ収穫が終わってない」断られました。

それはそうです。何年も耕してきた場所です。明日立ち退けとか、そんな話聞けません。

でも、工事のスケジュールがあるんです。それと、私の休暇の都合が。

 

5台の廃車を駐車場に置くことはできます。先日まで近くの法人に貸してあった駐車場が、今は空いています。だから工事に使っているんです。そこに廃車を置くことはできます。最初はそのつもりでした。でも、

なんか違う。

駐車場は公道に面していて、人通りがあります。3軒の住宅に接しています。芋の畑は敷地の奥にひっそりあります。廃車を置くならこっちです。

考えました。

畑の人には息子さんがいて、息子さんは中古車ディーラーをしていて、車を置く場所を探している。うちの駐車場が手頃だけど、よそに貸してあるから使えない。いえ、使えます。

芋の畑を整地して資材置場にすれば、駐車場が使えます。

この話をもっていくと、畑の人は超特急で芋を収穫してくれました。翌日資材置場ができました。

 

その日、私は東京に戻りました。次の日から仕事に戻りました。まだ続けていますよ、その仕事。

 

この一連のばたばたで、私は一切お金を使っていません。誰も使っていません。

牽引は工事監督のご厚意で、資材置場の整地は「ついで」で、やっていただきました。工事車両を置くのに使う場所を少し広げて、「資材置場」も使ってもらったんです。

廃車の人には「当面」無料で、資材置場を使ってもらいます。

ディーラーの人にも「当面」無料で、駐車場を使ってもらいます。

「当面」というのは、私がここに移り住むまでです。いつになるんでしょうね?

廃車の人には、できたばかりの資材置場の整備を頼みました。排水がうまくいかないとか、いろいろあるんです。

ディーラーの人には駐車場の管理を頼みました。以前の借り手が又貸ししていて、又借りしていた人が車を置きにきたりするので、そのへんよろしくです。

 

こんなふうに、あれやこれやがうまく運んだのは、あのとき仕事に嫌気がさしたからなので、ときどき仕事に嫌気がさすのはよいことですね。

 

ところで、93番地の借り手の人は、もう1台車を持っていました。まだ、その辺に置いてあります。

f:id:aldertree:20170306191619j:plain

牽引のとき「ドアが開かなくて」残されたようです。その後は「バッテリーが上がってて」、バッテリーを交換した後も「エンジンがかからなくて」、動けずにいます。

「ちゃんと動く車です」って、言ってたじゃないですか。

でも、私は気にしていません。いずれどかしてもらいますけどね。

ここは48番地です。貸した土地ではないので、借地借家法の適用はありません。

 

 

風情のある廃屋を持ちたいと思います

この土地が荒れている、って書いたけど、

何度も通ううち、それほどでもないんじゃ、って思うようになりました。

いえ、荒れてます。特に建物。

 

廃屋は嫌いじゃありません。いっこ持ってみたいです。

こんなのがいいです。

 

f:id:aldertree:20170303232234j:plain

うちの廃屋はね、風情がないんです。

ブルーシートとか張ってあるんですよ。ガムテープとかで。

でもって、中になんか詰まってるんです。

好みに合いません。

 

でも、うちの廃屋に風情がないのは所有者のせいなので、これはまあ、しかたないです。

いえ、所有者がブルーシート張ったわけじゃないです。だったら剥がします。

 

なんと、この家には借り手がいるんです。10年ほど前から貸してあります。敷地ごと。

中に物を詰めたり、敷地に廃車を置いたのは借り手の人で、

借り手の人は賃借権に基づいてそうしているので、

風情のない使い方をしたければそうする権利があるんです。

権利を与えたのは貸主です。

 

f:id:aldertree:20170308003729j:plain

 

借地借家法という法律があります。その定めるところによると、

 建物賃貸借は継続が原則で、期間満了しても契約が続く

 貸主が契約終了を希望しても、貸借人が拒否すれば貸し続けなければいけない

 貸主が契約の更新を拒絶するためには、「正当事由」が必要

ということなっています。 

 

おそろしい法律です。

 

好みに合わない、は正当事由になりません。

うちの廃屋からブルーシートを取り払い、風情のある廃屋にする、

というミッションが、容易に達成できるものではない、ことがお判りでしょう。

 

 

達成します。

 

 

好みに合わない、は正当事由になりませんけど、なにしろ築107年ですからね。

「安全上問題がある」ので「危険の状態を調査する」。これならいけます。

 

「もう暫く貸してほしい」借り手の方はおっしゃいますが、

申し訳ありません、お貸しするわけにはまいりません。

契約は1年後に終了します。

ブルーシートを剥がします。

農地法3条申請

農地法3条申請の審査は毎月あります。今月提出した申請書は来月審議されます。

「15万売り上げてから申請する」には、来年3月の確定申告が必要ですから、丸1年が違ってきます。

審査に通れば開発行為が可能になります。水を引く、電気を引く、ができるようになります。耕作を始めるのは、それから。

必要書類は申請書・農地取得資格証明書・営農計画書・確約書・農機具貸借契約書。

 

申請書にはこんなことを書きます。

 

f:id:aldertree:20170228204641j:plain

確約書はこういう書類です。

f:id:aldertree:20170228204659j:plain

農家の「家」って、家族の「家」なんですかね。

 

農機具貸借契約書です。

f:id:aldertree:20170228204714j:plain

耕起から収穫までの農耕に必要な農業用機械を、Mさんにお借りします。

Mさんはご近所の熟練農家さんです。めちゃくちゃおいしいきゅうりを作る人です。

 

 

私が農地法3条申請に踏み切ったのは、Mさんに背中を押されたからです。

農家になりたい。

親戚の農家に相談したとき、「むりだろ」と言われました。

やっぱり?

でも、Mさんは、「やりなさい」と言いました。「大丈夫。私が力になります」。

えっ?

そして、営農計画書の「地元協力者」の欄(というのがあるんです)に、さらさらとサインをしてくださいました。

ええっ??

 

Mさんはこの土地が放置されているのを気にされていたんです。

ゴミが捨てられたりして、火事にでもなったら、とか。

知らない間に道の形が変わって、以前は通れた消防車が通れなくなっていました。

救急車も通れなくて、苦しんでる人がいるのに遠回りしなくちゃいけなかったんです。

というのは、この聞いた話。

こういうの、なんとかしないとね。

私が。

ということで、農地法3条申請をします

芋を作りたいんです。

植えて、マルチかけて、後は放っておくだけ。土と、水と、太陽で育つ作物。

いいでしょ?

 

マルチはマルチングの略です。よく畑で見かける、土にビニールかぶせてるやつ、あれです。

なんであんなことするのか気になっていましたが、土壌保護・土壌水分安定・雑草抑制・肥効安定の効果があるそうです。それと殺菌消毒。ビニール掛けて、太陽の熱で殺菌するそうです。もちろん、作物を植えてある土ではやりません。

マルチにもいろいろあります。目的に応じて使い分けてください。ウッドチップや樹皮、藁、籾殻、腐葉土のマルチもありますよ。

 

自分で作った作物を15万円売り上げることを考えたとき、芋がいいなと思いました。作りやすいし、毎日食べても飽きないし、貯蔵が効く。ええ、全部自分で食べる前提です。

で、調べました。農業経営統計調査 品目別経営統計 確報 平成19年産品目別経営統計。

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001061833

この、単位面積(10a)当たりの収入を見ると、

  きゅうり    1,185,000円

  かんしょ       105,000円

  ばれいしょ     46,000円

これ、どう思います?

さつまいも15万円売り上げるには、1,500㎡耕さなくちゃいけないんです。じゃがいもなら3,000㎡です。

宅地や山林を1,500㎡耕すなら、農地5,000㎡耕します。その方が手間がないです。

だって、うちの宅地には水の設備がありません。もちろん山林にもありません。

農地にはあります。水利権とかなんとか、農地にはついているので。

 

私は芋を作りたいんです。落ち葉を集めて焚き火して、芋を焼いて食べるんです。

それと、アスパラ。しいたけ。ブルーベリー。さくらんぼ。を作りたいです。これ、みんな、育つのに時間がかかります。売上なんて、何年も出ません。

 

ということで、農地法3条申請をします。

5,000㎡耕します。

もう一度「自ら生産する農産物を販売すること」を考える

ちょっと前、「自ら生産する農産物を販売すること」を考えました。

その辺の空き地を200㎡ほど耕して、きゅうり(じゃなくてもいいです)を作り、年15万円を売り上げるシミュレーション。

難しい事書きましたが、結論は「できる」です。

きゅうり(じゃない方がいいです)作ったら、ネットで売ればいいんです。きっと売れません。そしたら、自分で買えばいいんです。誰が買ったかなんて判りません。でしょ?

市街化調整区域で開発行為を行う資格を得るために、必要なら、15万円分の何か(これから考えます)食べますよ、私。

 

シミュレーションを続けます。

自ら生産した農産物を販売して15万円を売り上げました。

確定申告をして農業所得を確定させました。

所得証明をもって農業委員会に赴きます。

「自ら生産した農産物を販売して15万円を売り上げたので、農家として認定してください」

すると、こう聞かれます。

「耕作した場所は?」

「○○町□□115です」

すると、こう聞かれます。

「その土地を耕作する権利を、どうやって取得しましたか?」

「うちの畑の空いてるところを、適当に」

 

いや、これ、まずいです。何かに引っ掛ってます。

そう、これ。

f:id:aldertree:20170225180226j:plain

農林水産省 http://www.maff.go.jp/hokuriku/keiei/pdf/nouchi.pdf

 

畑の空いてるところを適当に耕す前に「権利の設定」をしなくちゃいけないんです。

農地法3条に基づいて農業委員会(また都道府県知事)の許可を受けなくちゃいけないんです。

そのためには、

 ・取得農地を含むすべてを耕作すること

 ・取得後の農作業に常時従事すること

 ・最低経営規模(北海道2ha、都府県50a)以上になること

 ・周辺の農地利用に支障がないこと

 ・取得農地を効率的に利用できる区域に住居を有していること

が必要なんです。50a耕さないとだめなんです。

 

いや、方法はあります。宅地を耕せばいいんです。あるいは山林を。

f:id:aldertree:20170225180259j:plain

農林水産省 http://www.maff.go.jp/hokuriku/keiei/pdf/nouchi.pdf

 

こんなこと言われますけどね。現況は藪です。藪を拓いて畑にするんです。

なら、農地法3条許可、不要でしょう?

 

宅地を200㎡耕して、15万円を売り上げて、そんなんで農家の認定が下りるかどうかは判りません。でもきっと、こんなことを聞かれるでしょうね。

「○○町□□115の畑はどうします?」

さて、どうしましょう?

そもそもの話

家を建てようと思ったのは、ここがひどく荒れていたからです。

 

50年前、老女がヤギを飼って暮らしていた家は、その後、豪快な老人の家になりました。

豪快な老人が世を去って、以来20年。

ここに住む人はなく、

道は草に埋もれ、屋根にも草が生え、車が置かれたり、小屋が建てられたり、ゴミが捨てられたり、資材が積まれたり、ハクビシンが棲みついたり、ウシガエルが繁殖したり、となりました。

20年放っておけばそうなります。

それでも、私は気にしなかったんです。

 

放置されてた土地、半分弱が山林で、半分弱が農地です。他に少しの宅地と雑種地があります。

 

山林のほとんどは自然林です。誰も踏み込まない場所なら、放っておいてもかまいません。

近くに人家があったり道があったりするところでは、里山のコモンセンスが発動します。

危険木・障害木があれば切られます。

f:id:aldertree:20170222233146j:plain

先日みつけました。ケヤキです。

これで何か作れますかね?火鉢とか?

 

農地は農地法の縛りがあるので、知事の許可がないと使えません。

一部は近隣農家や公共事業に使ってもらってきました。借り手がつくのは条件の良い土地だけですが、条件の悪い土地は放っておくしかないもんね。

 

宅地には廃屋があります。いつ倒れるかと思うけど、まだ建っています。すごく頑丈なのかもしれません。

倒れても、場所が場所ですから。誰かの迷惑になることもないでしょう。昭和につくられた窓と、昭和に葺き替えた屋根以外、木と土と草でできた建物です。放っておけばひっそり消えていくでしょう。

ああ、でも、中に詰まっているものをどかさなきゃ。いつのまに、何かいっぱい詰められています。

f:id:aldertree:20170223215002j:plain

おかげで、私は中に入ることができません。私は中が見たいです。

詰めた人は判っています。どかしてもらいます。

 

雑種地はまともに使われています。

細長い一筆の、一部が駐車場、一部が資材置場、一部が畑になっています。

駐車場と資材置場から入る借地料を、地所全体の資産税支払に充てます。借地料は僅かですが、税も僅かですから。

畑からはおいしい野菜が物納されます。

 

ということで、これまで放置してきた土地ですが、突然気にするようになったのは、私が齢をとったからです。

ところで、東京にはマンションがあります。家族がいます。それなのに、引っ越すんですか?

はい。

 

問題はマンションです。

購入して15年、もうじきローンを完済します。

住み心地に不満はありません。管理の良いマンションです。管理が良いので管理費が高いです。年間60万円。

夫は2年後に定年退職を迎えます。収入のなくなった後に、この支出はきついでしょう?

ということは、まともな人ならマンション購入時に考えます。今更考えるのがこの夫婦です。

きついです。だけじゃなく、気に入りません。

ゴミ出しや階段掃除、ポーチの電球交換や雪かきを、お金払って人にやってもらうの、サラリーマンの間だけでいいんじゃないかな。

定年後は自分の時間が持てるんだし、自分の生活の面倒は自分でみませんか。

 

私はこの数年、研究機関の非常勤職員をしていますが、若い頃はいろんな仕事をしてきました。

本気で取り組んだ仕事を手放すときはしんどいです。そういう経験を2回しています。手放した後の放心状態から立ち直るのが大変なんです。

夫は35年同じ仕事を続けています。仕事の虫です。仕事以外の、自分の時間の使い方、すごくへたです。

ですから、

ゴミ出しや掃除、電球交換や雪かきを、自分でやってみませんか?と言っています。藪を払って、道をつくるの、おもしろいですよ?

夫はうんとは言いません。考えてみる、と。

ゆっくり考えてください。あなたには時間があります。

 

私はちょっと急いでいます。クリアしなくていけないミッションがいっぱいあるんです。

都市計画法とか、建築基準法とか、農地法とか、わけが判らなくて先が読めないんです。

急いでどうにかなるわけじゃないけど、のんびりしてはいられない。

もうじき春ですし。

 

東京には管理の行き届いたマンションがあります。考え中の夫がいます。子どもは手を離れました。

ここには手入れの必要な土地と、処置の必要な廃屋があります。そして、古い記録があります。

蔵にしまわれてあった300年前の記録を、読み解いて記憶している父は89歳です。

 

ということで、私がここに建てる家は、一人暮らし用の小さな家です。

市街化調整区域で開発行為を行う資格がとれたら、家を建てます。

資格、とれるでしょうか?