読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016夏 93番地

道は緩い上り坂、その家の玄関で行き止まりになっています。

f:id:aldertree:20161218133128j:plain

50年前の写真です。

 

寄棟屋根の一部を切り落とした兜造に、小さな瓦屋根が寄り添っています。

屋根裏に蚕部屋をもつ養蚕農家。

玄関の前に手押しポンプ、廊下の外に手水鉢、風呂には山の水を引いていました。

扉を開けたところは土間で、居間には囲炉裏が切ってあります。

廊下の内側は障子、外側は板戸。母屋にガラスはありません。

 

50年前、ここに老女が住んでいました。

ヤギを飼って暮らしていました。

 

 

f:id:aldertree:20161218133154j:plain

8年前の写真です。

 

手押しポンプは電動ポンプに替わっています。

そして動きを止めています。

住む人はなく、訪れる人もめったにありません。

道は花びらに埋まっていました。

 

 

久しぶりに行ってみました。

f:id:aldertree:20161218133245j:plain

道がなくなっていました。

 

家はありました。

f:id:aldertree:20161218133329j:plain

夏草の匂いに包まれていました。

とてもいい匂い。

 

草は地面と、屋根に生えています。

f:id:aldertree:20161218133413j:plain

築106年、木造草葺平屋建(登記上)。

f:id:aldertree:20161218133439j:plain

 

これ、放っておいていいんですか?

 

所有者は「壊すのも手間だし、そのうち土に還る」

行政の指導が入りそうなことを言います。

私の父です、すみません。