読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不法侵入と器物損壊と里山のコモンセンス

先日の写真、

f:id:aldertree:20170103235745j:plain

「誰かがあなたの土地に踏み込んで、竹を切り捨てていましたよ」

の報告を、所有者はさらりと聞き流してくれました。

「ああ、そう」

クヌギを切られたときは気にしていたのに、どこが違うんですか?

 

私には判らなかったけど、どうやら事情が違っていました。

 

竹は用水路を浸食していました。

言われて、確かめに行きました。なるほど。

f:id:aldertree:20170120074035j:plain

用水路は公益のものなので、保全しなくてはいけません。

土地の所有者が手入れを怠っていると、誰かが代わりにやってくれます。

それが里山のコモンセンスです。あるいは、この辺のコモンセンスです。

 

私がこの土地と関わるなら、この感覚を判らなくてはいけません。

 

オオクワガタを捕るためにクヌギを切ったのは、おそらく父を知らない人です。

水路を保全するために竹を切ったのは、父を知っている人でしょう。次に会ったとき、

「切らせてもらいました」

「切ってもらって助かりました」

という会話が交わされるのでしょう。会う機会があれば、です。

 

父は少し離れたところに住んでいます。

気が向くと車 f:id:aldertree:20170120220613j:plain に乗ってふらりとここを訪れるのですが、最近は母の監視が厳しく、あまり運転させてもらえません。

母はなにしろ心配性なのです。

私が車 f:id:aldertree:20170120220236j:plain を出すというと、母は心配を超えて怒り出します。

私はなにしろ運転がへたなんです。

自分で作った道なら走れます。畑の中も大丈夫。

後続車がいたり、対向車がいたり、歩行者、自転車がいるところはだめです。

東京では乗れません。田舎でもほとんど乗れません。

 

私がこの土地に住むなら、まともに運転できるようにならないといけません。