読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後の箱

明日朝、レンタカー借りて、積み込み次第出発します。

今日のうちに駐車場に荷物下ろしておきました。このマンション、エレベータないんです。第一種住専の低層マンションです。

半年前からだらだら荷造りしてきましたが、今最後の箱をつくっています。

ここに入れるのは、パソコンと、犬の食器と、転職の書類。雇用保険証書とか、年金手帳とか。それと、お風呂上がりに洗面所から持ち出してきた雑多なもの。

 

数日前、懐かしい人から連絡がありました。何やら、夢に私が出てきたとか。

この人と連絡を取るのは3年ぶり。高校時代からの、とても長い付き合いの友人です。

近く引っ越しますと返したら、びっくりされました。

 

今日は近所の友人に会いました。犬の散歩をしていて、家の前でばったりと。

この人に会うのは2年ぶり。15年来の付き合いです。

明日引っ越すと言ったら、「聞いてない」怒られました。

 

携帯番号もメールアドレスも変えてないし、これまでどおりで連絡つくし、挨拶とか忘れてましたよ。

でも、この人たち、普段は連絡取らないんですよね。何かの岐路に立ったとき、すごく頼ってきた人たちです。

 

不思議な感じがしました。

普段は連絡取らない人と、近況のややこしいこと全部とばして、するする話が通じてしまうのが不思議。

そういえば二人とも、あれやこれやのみっちり詰まった時間を、一緒に過ごした人でした。

 

引っ越す前に「引っ越します」伝えられてよかったです。

 

ということを、考えながら、最後の箱をつくっています。

まるでとりとめのない箱です。