読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分筆登記③

法律の施行細則とか、自治体によって違います。

専用通路の長さに制限を設けている自治体、好きなだけ長く引っ張っていい自治体、

分筆登記が必要な自治体、不要な自治体、

いろいろです。だから、

「地元でちゃんとした仕事をしている、良心的な業者を探しなさい」

なんです。

でも、「ちゃんとした」「良心的な」の判断、どうやってするんですか?

ネットで検索しても、土地家屋調査士のレビューはありません。

 

と、いう課題を抱えたわけですが。

勤め始めたばかりの職場で、上司に声を掛けられました。

「家を建てるそうですね」

はい。応募書類に書きました。

「4月から市内に越してまいります。△△町に仮住いを用意しましたが、○○町に家を建てる予定です」

応募したときの住所は東京でしたから。引っ越してきて、またすぐ引っ越すとか、心配かけるでしょうから。

で、上司の方、

「力になれることがあったら言ってください。応援します」

 

この土地の人たち、びっくりするくらい親切です。もうね、私は何度もびっくりしています。

それだから、すぐに迷子になったり、車壊したり、頭が痛かったり、寒かったりするのに、引っ越してきてよかったって思うんです。

 

「力になれることがあったら言ってください」言っていただいたので、言いました。

「測量を頼む業者を探しています。地元の情報を知りたいです」

教えていただきました。なんと、上司の方、測量士の資格をお持ちの方でした。「ちゃんとした」「良心的な」の判断のできる方でした。

そして、うちのケース。に見合った、良心的な業者に巡り合うことができました。

 

 

4月6日、出勤2日めの話です。