草刈りの秋

休日の朝、寝坊せずに起きました。

薄曇り。微風。

こんな1日は大事です。

早起きのパン屋さんでパイを買って、

刈払機を車に載せて、

畑に。

f:id:aldertree:20200925211223j:plain

着いたら、ごはん。

f:id:aldertree:20200925211255j:plain

を食べます。草刈りの前にね。

 

草を刈ります。秋ですから。

 

クズとかアレチウリとか、1日に何十センチも伸びるので、

ちょっと放っておいたらすごいことになりました。

でも、私、負けませんから。

 

・・・

 

本当のことを書きます。

ちょっと負けそうになりました。

なかなか秋にならなくて、

なかなか畑に出られなくて、

そのうちアレチウリ咲き出すし。

なんか、もうムリ。

とか、ちょっと思いました。

クズも隠れて咲いてるし。

来る年も、来る年も、これ繰り返すの?

は、ヤだな。

とか、ちょっと。

 

でも、やってみれば何とかなるもんです。

暑くなく、雨も降らず、昼間の仕事がない日が数日、

あれば何とか。

 

それに、来る年も、来る年も、ってこともないの。

生える草が変わってきました。

以前オオブタクサが群れていた場所にアヤメが生えて、

アレチノギクの場所にはハギが、

なんてこと、予定にはなかったです。嬉しい。

 

そして、私も。

以前はちょっと刈払機使ったら、肩こりとか筋肉痛とか上腕骨外側上顆炎とか出たのに、最近はそういうのなくて。

齢とってポンコツ化の進んだ体が、なんか、以前より使えるようになるとか、

予定外です。嬉しい。

 

 

 

花の秋

115番地 畑

去年はなかった木です。

f:id:aldertree:20200922073157j:plain

春に実生で出てきました。

あやうく刈払機で撫で斬るところでしたよ。

一夏でみごとに育ちました。

ハギ

f:id:aldertree:20200922073232j:plain

秋の風が似合う花です。

 

 

1番地 資材置き場

近くで見るときれいな花です。

f:id:aldertree:20200922073302j:plain

そのうえ、とてもいい匂い。

ふくいくとしたブドウのような。

クズ

実は、あまり目立たない花です。

f:id:aldertree:20200922073346j:plain

このトゥデイにもたくさん咲いているのですが、判ります?

ちょっとズームしてみましょう。

f:id:aldertree:20200922073415j:plain

ほら、いっぱい。

 

ところでこのクズ、放っておいていいのかな?

人に貸してあるとはいえ、うちの土地なので、ちょっとだけ気にしてみました。

まあ、この辺ではある光景です。

スズメバチについて、興味深いことを

アレチウリの花が咲きました。

f:id:aldertree:20200912214644j:plain

たっぷりの蜜でハチを呼ぶ花です。

とりわけスズメバチに人気があるそうで。

って?

スズメバチって肉食じゃなかった?

時速30キロで飛び、クモだのハエだのミツバチだのを捕まえて、噛み砕いて肉団子にしちゃう、コガネムシまで噛み砕いて肉団子にしちゃう、ハンターじゃ?

が、なんで花蜜なんか舐めてるの?

という疑問がわきました。

アレチウリと闘って4度目の夏。

 

スズメバチの生態

について調べました。

念のため、私の畑でハチの群れは見かけません。

f:id:aldertree:20200912214529j:plain

ここは以前スズメバチの巣を取った場所ですが、

ハチはいません。今は。

まあ、ハチを呼ぼうが呼ぶまいが、アレチウリが私の敵であることに変わりはありません

 

話が逸れました。本題。

 

スズメバチの生態

スズメバチは凄腕のハンターです。

時速30キロで飛び、クモだのハエだのミツバチだのを捕まえて肉団子にします。コガネムシまでばりばり噛み砕いて肉団子にします。

けど、自分では食べません。

肉団子は巣に持ち帰って幼虫に与えます。

で、成虫の食料は?というと、

幼虫が分泌する「栄養液」ですって。

実は、成虫は固形物が食べられないのです。

エストが細すぎて。

f:id:aldertree:20200912215046j:plain

固形物が通過できないと。

 

なので、肉団子から栄養液を精製するケミカルプラントな幼虫が、成虫の活動を支えているのです。

 

へー?

 

で、その幼虫™の栄養ドリンクが足りないときとか、しかたがないので花蜜とかを摂るそうです。

 

へぇー?

 

で、スズメバチの口はばりばり獲物を噛み砕く口で、舌が短く、蜜を吸うのは上手じゃないので、吸える花が限られるそうです。

アレチウリは花びらが小さくて、短い舌でも蜜腺に届きやすくて、そして、たくさんの花が密集して咲くので、スズメバチに人気なのです。

 

へえぇー?

 

なんて、感じ入ってる場合じゃないの。

花の後には実がなります。

f:id:aldertree:20200912215206j:plain

これが1株に数百から数万。

そしたらとっても、

とっても、とっても、

やっかいなことになるのです。

 

阻止しなきゃ。

暑いと何もしたくないです

ヤマゴボウが実を結んでいます。

f:id:aldertree:20200902211704j:plain

 

アレチウリが蔓を伸ばしています。

f:id:aldertree:20200902211733j:plain

 

ヨモギに花が咲きました。

f:id:aldertree:20200902211804j:plain

 

「もう少し待って」

車の中から、ちらり見ながら通り過ぎます。

その窓を、びしびし、ササが叩きます。

f:id:aldertree:20200902211838j:plain

「君も、まあ、待ちたまえ」

 

涼しくなったらお相手します。

あと数日だと思うのです。

秋になるまで。

 

 

グラウンドカバー通信(ナギナタガヤが枯れました)

秋に発芽し、冬を越し、春に大きく広がります。

ナギナタガヤ

夏に枯れます。

f:id:aldertree:20200828190420j:plain

 枯れて倒れたナギナタガヤが地面を覆うと、他の草が生えなくなる

――そうです。

そのために、雑草防除のために蒔かれることもあります。

 

でも、私の庭は、 

f:id:aldertree:20200828193959j:plain

 

今繁っているのはナギナタガヤとは別のカヤ。

たぶん背の高くなるやつです。

ときどき、地表の10㎝くらいを刈払機で撫でておくと、良いグラウンドカバーになります。

これを良いというと異論があるだろうけど、

私には充分。

犬も喜んでますし。

 

 

そしてやっと買いました。チェーンソー。

ずっと欲しいと思っていました。

オートロックのマンションに住み、満員の通勤電車に乗り、インテリジェントビルに通っていた4年前から。

「山で暮らすなら、チェーンソー欲しいよね」

思っていました。

でも、私に使えるかどうかが判らなくて。

 

とても危険な道具と聞きます。

試しにあなたも「チェーンソー欲しい」言ってみてください。もしお持ちじゃないなら、ね。

きっと周りの人たちに「危ない、やめろ」言われるでしょう。

私はそのうえ「危ない奴、やめてくれ」言われましたよ。

 

この山には何度か伐採が入っているので、チェーンソーの作業、見る機会はありました。

f:id:aldertree:20200821175804j:plain

 

プロの手並みはすばらしく、私はうっとり眺めたものでした。

でも、自分に同じことができると思ってはいけません。

プロの道具も、ちょっと触らせてもらうのはいいけど、エンジンの止まっている時だけね。

親切な作業員さんが触らせてくれたのは、自動車で言えばV8くらいの奴です。そんなの私に使える筈ないので、

どこかにありますか?私に使えるチェーンソー?

 

さて、私は電気ノコギリを持っています。

竹を切るために買いました。電気ノコギリで竹が切れます。

でも、枯れ竹は切れません。切ろうと思えば切れるけど、

1本切って、倒して、2メートルくらいに玉切りしたら、右手にきました。

私、右手に腱鞘炎を持っています。えと、上腕骨外側上顆炎は左腕ね。

 

これは竹の変遷の写真です。

f:id:aldertree:20200819215323j:plain

6月の朝、出勤前にその辺を見回って、②伸びたタケノコを見つけ次第手あたり次第切り倒すには、電気ノコギリは良い道具です。

①タケノコを採るにも、採ったタケノコを料理するにも、大変有用。

ですが、④一人前の竹を切るのはしんどいし、⑤枯れ竹はかなり無理なので、

やっぱりチェーンソー欲しいです。

どんなのがありますか?私に合うチェーンソー?

 

なんて考えて過ごす日々。

 

そんなある日のことでした。

夕暮れに、テラスでお茶を飲んでいたところに、ダンディなご老人の訪問を受けました。

ありきたりの灰色の作業着を、すっと背筋を伸ばして、たいそう格好よく着こなした方。

のご用件は、

「畑の桑の枝を切らせてください」

「はい」お答えしたのですが、

あれ?

その桑、去年「切ってください」言われた桑です。

 

私の畑の隅っこに、なぜだか桑の木があって、それが隣地に枝を張り出して、ご迷惑をおかけしています。

f:id:aldertree:20200821182352j:plain

手前、雑草にまみれてるのが私の畑で、奥の美しく整備されているのがご老人の畑。

間にあるのが桑の木ね。

この桑の枝を、去年「切ってください」と言われ、

「はい」と答え、

でも、私の技量じゃ切れなくて、

誰かに頼もうと思っているうちに、ごめんなさい、忘れてしまいました。

ことを思い出しました。ごめんなさい。

 

ご老人が切ってくださるのですか?ありがとうございます。

でも、どうやって?

 

翌日、私はご老人が木を切るところを見に行きました。

うちの桑ではなく、ご自身の山の木。を切るのを見せてもらいました。

ご老人は小型のチェーンソーをお使いでした。自動車で言えば3気筒くらいの奴。

まだ新しく、「この間買ったばかり」ですって。

「近所のホームセンターで、一番小さいのを買いました」ですって。

それを、ちょっと、私も触らせてもらいました。

「燃料を吸い上げて、スイッチを入れ、チョークを引いて、スターターを引く」

で、始動。

「スロットルを握る」

で、チェーンが回転します。

それを、径7センチくらいの枝に当てたら、

f:id:aldertree:20200821183057j:plain

一瞬です。

使える

思いました。

 

即刻、近所のホームセンターに走りました。

ご老人のお持ちのと同じ機種がありました。

それが、その日から売り出しになっていて、お安くもなっていたのです。

これ、買いなさいってことだよね?

実はずっと欲しかったのです

春にタケノコをたくさん採りました。

近所の人にも採ってもらいました。

f:id:aldertree:20200819215221j:plain

その人に言われました。

「藪の中が歩きにくい」

はい。知っています。

「ちょっと片づけた方がいい」

はい。できるなら。

そうしたいと思っています。できるなら。

 

簡単じゃない理由

竹にはいろんな姿があります。

f:id:aldertree:20200819215323j:plain

①タケノコ②伸びたタケノコ③タケノコから竹になるところ④一人前の竹⑤枯れ竹

番号の順に硬くなります。

④一人前の竹1本を切る手間で、②伸びたタケノコ10本切れます。

というのは、電気ノコギリを使った時の実測値。

ちなみに⑤枯れ竹を電気ノコギリで切るのは現実的ではありません。私は切りたくありません。

 

そして、これが重要なのですが、

切った①②タケノコは数週間で分解します。その辺に放っておけばよいのです。

④⑤竹は何年たってもそのままです。

 

f:id:aldertree:20200819215459j:plain

これはいつ、誰が切った竹ですかね?

この山にはこういうのがたくさんありました。

全部有益な竹炭にいたしました。

 

 

まあ、これは藪の外にあったものです。

 

藪の中は、

f:id:aldertree:20200819215655j:plain

長い長い竹が3次元で散らかっていて、

しかも、

f:id:aldertree:20200819215810j:plain

判ります?けっこうな傾斜。

 

この林床を「ちょっと片づける」のは簡単じゃありません。

棹の長さは20m、乾燥重量は20㎏、先にはかさばる枝が付いていて、それがあちこち引っかかって、

の代物を、藪から引きずり出すのが至難。

私一人でできる気がしません。

 

でも、私は一人しかいないので。

 

さてどうしましょう?

 

と、ずっと考えてきました。

 

考えた結果の

解がこちら。

f:id:aldertree:20200819215931j:plain

買っちゃいました。チェーンソー。

 

チェーンソーがあれば、

長い長い棹を短く切れます。

かさばる枝も落とせます。

そしたら、竹を藪から出せます。

一人でも。

 

実はずっと欲しかったのです。