おしまいのアイリス

先日アヤメの話を書きました。115番地のアヤメです。

アヤメは私の好きな花で、ずっと欲しかった花で、種を蒔いたけど育たなくて、

それが、知らない間にたくさん育っていました。

という話。

aldertree.hatenablog.com

 

115番地は見通しがよいのだけど、それは、えー、ちゃんと手入れしてあればの話。

うっかりすると2メートル級の草が林立して、見通しどころじゃなくなります。

で、そのうっかりの結果の立入困難区域でアヤメが咲いていました。

私ってば、自分の「欲しい」が実現したことに気づかずにいたんです。

ことを反省し、ちゃんと草を刈りました。毎日見に行くことにしました。

 

今日の様子。

f:id:aldertree:20200607234919j:plain

これが最後の花です。

 

花の終わった茎はすぐに切るのがいいそうです。

切りました。

f:id:aldertree:20200607235038j:plain

145本ありました。花殻の数は334。

ほんとうに、よく咲いてくれました。

 

ところで115番地といえば、去年の秋、ジャーマンアイリスを植えたのでした。

道路沿いの、たいそう見通しの良いところに、200株。

私が植えたものだもん、ろくに育たなくて不思議はないのだけど。

育ってます。

なぜって、

aldertree.hatenablog.com

 

ジャーマンアイリスは植えてから2年目に咲きます。

ということで、来年を楽しみにしていたのだけど。

f:id:aldertree:20200607235603j:plain

咲きました。

最初に咲いた黄色い花は雑貨屋さんの食卓に飾ってもらいました。

だってこれ、雑貨屋さんの花です。

 

今年咲いたのは5本。

来年はたくさん咲くでしょう。

 

115番地にジャーマンアイリスとアヤメ、あとキショウブが咲きました。

48番地にダッチアイリス、93番地にシャガが咲きました。

f:id:aldertree:20200607235659j:plain

そろそろみんなおしまいです。

グラウンドカバー通信(2度目の5月)

この日から、

aldertree.hatenablog.com

20ヵ月が経ちました。2度目の5月。

 

思ったとおりにはなりません。

ハイネズも、リュウノヒゲも消えました。

ヒメイワダレソウも、クリーピングタイムもです。

だけじゃないです。

実は、ローズマリーも、スノードロップも植えました。

皆さん、どこへ行ってしまったの?

もう全然、思ったとおりじゃないです。

 

でも、

f:id:aldertree:20200529180314j:plain


願ったとおりになりました。

 

 

めざしたのはこの風景。

f:id:aldertree:20200529180400j:plain


ねえ、かなり近い。

 

 

この季節、景色がどんどん変わります。

物干し台を作った時、枯色だった庭が、

f:id:aldertree:20200529180510j:plain

 

テーブルを作った時、緑づいていて、 

f:id:aldertree:20200529180537j:plain

 

ねえ、今はこんな。 

f:id:aldertree:20200529180629j:plain

 

 

でも、いちおう書いておきます。

この景色は、たぶん今だけ。

このうっとりする美しい草、

f:id:aldertree:20200529180747j:plain

たぶんじき枯れます。

 

この草、一昨年庭に生えてきました。

秋に小さなかたまりで生えてきて、冬の間ずっとありました。

春にあちこちに増えて、

それを、私はせっせと移植して、美しい緑化斜面を完成させました。

去年の5月です。

6月にあっさり枯れました。

aldertree.hatenablog.com

 

草の素性が判らなくて、枯れた理由も判らなくて、おたおたしたのだけど。

「斜面の草はナギナタガヤっぽい雰囲気ですね」

教えてくださる方がいて。

 

ナギナタガヤは初夏に枯れます。

 

去年6月、

枯れた草の種を集めて蒔きました。庭いちめんに蒔きました。

その後、この庭は丈の高いカヤに覆われたのですが、

さて、今年はどうなるでしょう?

この草が、ナギナタガヤだったら、

こんなにたくさんに広がったのがナギナタガヤだったら、

この夏、私は新しい景色を見ることになるのですが。

そして、私が手に入れたもの

 

5月、あっという間に景色が変わります。

そして115番地の、この光景。

f:id:aldertree:20200520205008j:plain

おかしいな?去年草刈りした筈だけど?

奥の方、つんつん立ってる白っぽいの、枯草です。

周り全部が枯色の時は気づかなかったけど、さすがにこうなると目立ちます。

 

オオブタクサとか、アレチノギクとか、ヤマゴボウとか、ヨモギとか、

放っておくと2メートルくらいまで伸びます。

茎は太く硬くなります。

それを放っておくと、立ったまま枯れます。

枯れた茎は更に硬くなります。

そうなるともう、刈るとか無理。刈払機のブレードが立ちません。

それを更に放っておくと、枯れたままいつまでも立ってるの。

 

なので、オオブタクサとか、アレチノギクとか、ヤマゴボウとか、

生えてきたのみつけたら、さっさと刈ります。じゃないと後悔します。

でも私、ヨモギは残しておきました。

他の草、蔓とか棘とか毒とかの、凶悪なのに地面を奪われないように、わざと残しておきました。

でも、秋には刈ったよね?

そう、秋にヨモギを刈りました。

と思っていたけど、どうやら思い違い。

だって、いっぱい立ってます。

 

なかなかに見苦しい光景です。

でも、ここ隅っこだし。誰も来ないし。

今まで通り、気づかなかったことにしとけばOK?

とか思ったけど、

何かあります。青い色が、点々と。

f:id:aldertree:20200520205612j:plain

 

近づいて見てみると、

f:id:aldertree:20200520205643j:plain

あら、大変。

 

もらった土

そういえば一昨年、この場所でこれを見たのです。

f:id:aldertree:20200520205716j:plain

前の年にもらった土の中に、株が残っていたのでしょう。

一昨年の前の年、土をもらったのです。10tダンプに20杯。

の中に、種も混ざっていたのでしょう。

アヤメ、種から3年で開花します。

 

欲しかったもの

アヤメが欲しいと思っていました。

庭に種を蒔きました。育ちませんでした。

あんな小さな、平べったい種が、私の手入れで育つ筈ないです。

代わりにダッチアイリスを植えました。こっちは球根。

100球買って植えました。

f:id:aldertree:20200520205903j:plain

庭に今咲いてます。

 

で、アヤメ。

私ったら、自分の「欲しい」が実現してるのに、気づかずにいたんです。

 

3日、頑張りました。

枯れた草、1本ずつ引っこ抜きました。

すごい分量を、1本ずつ引っこ抜いて運び出しました。

そして周りの若い草、まだ夏の日にあぶられていない柔らかなヨモギを、

1本ずつ手鎌で刈りました。

1時間でお茶にする1年分が採れました。次の1時間でお風呂に入れる1年分が。

それを持って帰って、束ねて洗って吊るしました。

フクロウの声を聞きながら。

f:id:aldertree:20200520210138j:plain

そう、今年もフクロウが来てくれました。

いえ、巣箱には入ってくれません。この冬は入ってくれませんでした。

でも、たまにでも来てくれると嬉しい。

今頃、どこかで若いフクロウが育っているだろうと思うのです。

 

そして3日目

f:id:aldertree:20200520210249j:plain

がんばりました。

 

f:id:aldertree:20200520210314j:plain

そして、私が手に入れたもの。

繰り返し作業による技能習熟について

15時24分

f:id:aldertree:20200515190559j:plain

タケノコを採りに出ます。電気ノコギリで採ります。

 

15時34分

f:id:aldertree:20200515190635j:plain

採りました。

今日は藪には入りません。

その辺ぱっと見て、「さすがにこれ以上放置できないぞ」の分だけ。

 

15時46分

f:id:aldertree:20200515190715j:plain

日が照ってきました。ちょっと暑いです。

 

16時00分

f:id:aldertree:20200515190825j:plain

皮剥き終了。

 

16時16分

f:id:aldertree:20200515190748j:plain

外水道のある家に住めて幸せです。

 

16時23分

f:id:aldertree:20200515190923j:plain

IHのスイッチを入れます。

 

1枚目の写真からIHまで1時間。

我ながら素晴らしい手際です。

4回目ともなるとこうです。

4回目です。今年4回目。

去年まで、私、タケノコは採るだけで、剥くとか切るとか煮るとかはしてないの。

今年は仕方なくやってます。

 

「タケノコほしい。食べたい。羨ましい。」

とか言ってくるのは、家の裏に竹藪もない地価の高い所に住んでいる人です。

この藪の地価、幾らだと思います?

1坪89円です。令和2年度固定資産税評価額によるとね。

面積?ざっと500坪。

ニンテンドースイッチ買うお金があれば、遭難できる広さの竹藪が買えますよ。

 

「タケノコほしい。食べたい。羨ましい。」

とか言ってくるのがいるのです。

「だったら採りに来なさい」

とは、今年は言えない。

 

仕方ないので送るのです。

f:id:aldertree:20200515191709j:plain

ほら、タラノメもつけてやるぞ。

 

採ったタケノコ、そのまま送ってもいいのだけど、

タケノコは採った瞬間から変わっていくので、

もう、見ていて判るくらい変わるので、

さっさと煮てしまうのがいいのです。

 

ということを4回繰り返し、我ながら技能が向上したことを実感しました。

 

夕暮れ

f:id:aldertree:20200515191815j:plain


 休業要請が解除されました。

明日から仕事です。

 

本気出して頑張りました

朝飯前に。

f:id:aldertree:20200507211719j:plain

 

おかしいと思うの。

昨日これだけ採ったんです。というか、採ってもらいました。 

f:id:aldertree:20200507211802j:plain

100本はあると思うな。

それなのになぜ、1時間かそこらで山積み?

 

なんて、文句たれても仕方ないので、本気出して頑張ります。

 

朝食後。

午前9時8分。快晴。

f:id:aldertree:20200507211918j:plain

 

タケノコの処理を始めます。

 

①これを、

f:id:aldertree:20200507212047j:plain

 

②こうします。

f:id:aldertree:20200507212139j:plain

縦にまっぷたつ。

にすると、

 

③皮がするりと剥けるのです。

f:id:aldertree:20200507212208j:plain

すごくきれいに剥けるので、すごいです。

今回編み出した手法です。

 

④そして、こうして、

f:id:aldertree:20200507212303j:plain

 

⑤この後茹でます。写真ないけど茹でました。

  直径34センチの鍋で何回茹でたかな?何回も茹でました。

 

⑥でもって、こうして、

f:id:aldertree:20200507212425j:plain

ちゃんと予冷してから、

 

⑦送ります。

f:id:aldertree:20200508091246j:plain

5キロの箱が3つ。ヤマト運輸さんよろしく。

 

こうして、目の前からタケノコが去りました。

まあ、1日分ですが。

後に皮が残りましたが。

f:id:aldertree:20200507220113j:plain

 

そしてフルムーン。午後5時8分。

f:id:aldertree:20200507212618j:plain

フラワームーンというそうです。

6時50分 タケノコごはんに起こされる

先日も書きましたが。

タケノコが出てきました。

f:id:aldertree:20200506111544j:plain

 

今年最初の1本は、前の畑でキュウリの世話をしている人に差し上げました。

タラノメとヨモギも一緒にね。

そしたら1時間後、こんなになって帰ってきました。

f:id:aldertree:20200506111638j:plain

おいしい。うれしい。

 

なんて、喜んでばかりいられないの。

タケノコはどんどん出てきます。

放っておくと電線に掛かったり、道がなくなったりするので、もう、どんどん採らなくてはいけません。

 

毎年、この季節を楽しみにしている人たちがいて、

あちこちから来て、車に積めるだけ積んで帰っていく人たちがいて、

私はとても助かっていました。

 

今年のタケノコは太くてしっかりしています。

 

去年は職場でも配りました。

朝、出勤前に採ったのを持っていくと、みんなが適当に分けてくれて、

よい職場だと思いました。

 

今年は、、、

 

とりあえず、その辺で会う人、片っ端から声を掛けます。

この季節、みなさん畑に出てみえるの。

土を起こして、種を蒔いたり、苗を植えたり。

眩しい日差しの下で。

f:id:aldertree:20200506111724j:plain

この人たちに、片っ端から声を掛けます。

「タケノコ採りに来てください」

 

玉葱の人が来てくれました。

f:id:aldertree:20200506111757j:plain

 

豆の人はお孫さん連れて。

f:id:aldertree:20200506111823j:plain

 

他にも、犬の散歩の人と菜っ葉の人が。

これでまあ、1日分は捌けました。

 

でも、タケノコは毎日出てくるからね。

そろそろ私も本気出さなきゃ。

だらだら夜更かしするのはやめて、朝から働きます。 

と、決意して寝たんです。昨日。

 

そしたら、今朝、6時50分、チャイムが鳴って、

f:id:aldertree:20200506111359j:plain

菜っ葉の人からね。

ツバメ 続報

お題「#おうち時間

 

続報があるのです。

なんと、

f:id:aldertree:20200503132225j:plain

来るのです。その後も。

 

何度も来て、シーリングファンに留まってさえずるのです。

独身の若い男性と見ました。

女性を呼んでいるのだと思います。

 

うーん、困った。

 

ねえ、ツバメくん、

この家を気に入ってくれたのは嬉しいけど、ここはやめておきましょう。

きみたち、飛んでる虫を飛びながら採るのでしょう?

そして、1日に何百回も巣に運ぶのでしょう?

私がこの窓を閉めたらどうなるの? 

今は休業要請受けて家にいるけど、

きみたちの子育て期間、5週間、開けっぱなしにはできないよ。

というか、こんな場所で女性を呼んだって、フラれるのがおちです。

 

お相手候補、連れてきたことあります。2回。

f:id:aldertree:20200503132702j:plain

2回とも、すぐに出て行かれちゃいましたよ。

思慮のある女性なら、シーリングファンの上の子育ては嫌がるね。

 

それでも、彼は来るのです。

 

世間の仕組みを知らない、若い男性なのでしょう。

 

助けてあげなくちゃ。

 

何度も飛んでくるので、すごい勢いで飛んでくるので、窓を閉めるのは危険です。

f:id:aldertree:20200503133038j:plain

カーテンを閉めました。

 

助けるって、はい、これだけ。

だめなら他の手段を、って考えたけど、これだけで足りました。

 

ツバメが入って来なくなって、なんか寂しい。