0.7%と10%

さて、115番地。

 

700粒の種を蒔きました。

この農地のいちばん目立つ場所、道路に沿って畝をつくって、蒔きました。

「ここを耕作しています」言い張るためです。

ですが、

畝の幅1m✕長さ10m✕2本、で20㎡。は、この農地の0.7%です。

ちょっと少ない?

 

ぶっちゃけ、この農地、「もう放っといていいんじゃね?」とか思います。

私は市街化調整区域に家を建てる許可を得るために、「ここを耕します」と言ったんです。

aldertree.hatenablog.com

aldertree.hatenablog.com

 

その家が、もうすぐできるんですよ。

だもん、

「もう放っといていいんじゃね?」

 

まあ、いいかもです。今さら許可取り消しとかあるわけじゃなし。

けれど、えー、

畝が増えました。

f:id:aldertree:20180622220618j:plain

ここにあと700粒、切花用のヒマワリを蒔きます。

それと、その奥、竹チップを鋤き込んだところ。

aldertree.hatenablog.com

に、景観用のヒマワリを蒔きます。いえ、蒔きました。1ℓ。

ℓってアバウトだけど、この種、ℓやkgで売られているんです。

1粒あたりの値段は切花用の1/10。

なので、畝はつくらず、ふんふん、鼻歌を歌いながら蒔きました。

 

その芽が出始めています。

f:id:aldertree:20180622220725j:plain

1日で蒔いたのに、出方はまちまち。

なぜかって?

ここの土、ぜんぜん均質じゃないんです。よい土とひどい土があって、モザイク状に入り組んでいるんです。

どいうことを、自分で耕して判りました。なるほど、やってみるもんです。

 

ということで、

この農地の1割くらいに種を蒔きました。測ってないけど、だいたい1割。

目立つ場所に蒔いたので、視覚効果的には3割くらい、と期待しています。

 

さて、これが育って、カタログスペック通りに伸びたら、見通しの悪い畑になります。

実はそれが狙いです。

もうじきオオブタクサが育ってきます。

aldertree.hatenablog.com

あと、アレチウリ。

aldertree.hatenablog.com

 

この夏も、私は闘わなくてはいけません。

できれば人目を気にせずに、ね。

115番地、丸見えすぎますよ。

 

 

床の話をしましょう

無垢フローリングは高いのですが、材料も施工費も高いのですが、

親切な工務店さんから、

「うちの在庫を使ってくれたら、予算内で納めます」

ありがたいお申し出を受けました。

その在庫、5種類あります。

マツ、サクラ、カバ、クリ、ナラ。

「ここから好きなのを選んだください」

とてもありがたいお申し出。

 

実は外装を決めるのが大変でした。

サイディングのサンプルが何十種類も積んである中から、

「好きなのを選んでください」

と言われましても。

見ているだけで疲れちゃって、よく分からなくなっちゃって、分からないうちに決めちゃって。でもって、あっという間にできちゃいました。

f:id:aldertree:20180615231055j:plain

あれよあれよ。

 

マツ、サクラ、カバ、クリ、ナラ。から選ぶのはらくちんです。

玄関は明るいカバ、寝室は木目のきれいなクリにしました。

f:id:aldertree:20180615231134j:plain

写真は作業場から拾ってきたクリの端材。

断面がほら、ちゃんと無垢ですよ。

「こんなもの持ってってどうするの?」聞かれましたけど。

ええっ、拾いませんか?ふつう?

玄関のカバを拾えなかったのが残念です。

 

さて、迷ったのはリビングとキッチン。

「床暖房どうしますか?」

と聞かれ。

世の中には床暖房対応の無垢フローリングというものがありますが、工務店さんの在庫にはありません。

つまり、「床暖を諦めて無垢材にする」か、「無垢材を諦めて床暖を入れる」か、という問題。

あ、寝室と玄関は聞かれませんでした。寝室は狭いし、玄関はちょっとの間しかいないから。ですかね。

で、リビングとキッチン。

夏と秋、ぐずぐず考えました。冬に決めました。

「床暖入れてください」

寒かったんです。

aldertree.hatenablog.com

 

ということで、リビングとキッチンは合板フローリングになりました。

10円玉でひっかいても傷がつかない、強いフローリング。

f:id:aldertree:20180615231406j:plain

となれば、揺り椅子が置けますね。

揺り椅子、これもちょっと憧れでした。

揺り椅子で編物をする老女、なんて絵が浮かびます。

私は編物しませんけどね。

 

さて、全部の部屋に床材が入りました。

f:id:aldertree:20180615231437j:plain

全部しっかり養生してあるので、見ることはできません。

どんどん家ができています②

職場と家の位置関係はこんなです。

 

 

f:id:aldertree:20180607215742j:plain

緑と青のルートが私の通勤路。

毎日、仕事帰りに「私の家」を見に行きます。 

 

私の家、今こんな感じ。

f:id:aldertree:20180607215815j:plain

写っている道は「使ってはいけない」道です。

aldertree.hatenablog.com

工事が終わったら塞ぎます。農業委員会に文句を言われたら、ね。

言われなかったらそのまま使います。

 

これは裏から見たところ。

f:id:aldertree:20180607215947j:plain

写っている道は「ぐるっと回る道」。

この家の住人以外に使う人はないので、毎日頑張って通らないとなくなる道です。

 

家の中。

f:id:aldertree:20180607220037j:plain

積んであるのはクリの無垢材。寝室の床に敷きます。

壁材は一部しか決まっていません。現場で建築士さんと話しながら決めます。

照明とキッチンユニットを選ぶのもこれから。

 

私は決定的に空間認知能力が劣るので、事務所で図面を見ながら決めるとか無理なので、現場で決めます。

現場を見てもよく判らないので、「この辺は良きに計らって」でお任せすることが多いのですが。

床と壁は頑張りました。あと収納。これは事務所で頑張りました。

私「もう少し収納増やしたいです」

建築士「これ以上居住面積減らしたくないです」

の攻防があって、

私「床下収納できますか?」

建築士「だったら小屋裏収納にしませんか?」

小屋裏?というのは天井と屋根の間のことだそうです。つまり屋根裏。

建築士「ここに床を張って、はしごを付ける事ができます」

追加予算は20万。

「そこに電気引けますか?」

「引けます」

「窓つけられますか?」

「つけられます」

「床にフローリングを張って、壁にクロスを張って、窓下にカウンターを造作できますか」

そしたら居住スペースにできますよ。カウンターでお茶を飲んだり、パソコン使ったりできますよ。

「できます」

ということで、屋根裏部屋ができることになりました。

収納?知りません。

  

f:id:aldertree:20180607220221j:plain

憧れの屋根裏部屋。

 

f:id:aldertree:20180607220336j:plain

犬は上れません。

 

もしかしたら私、高いところが好きなのかも。

って、最近気が付きました。

48番地はこの辺でいちばん高いところなんです。

屋根裏部屋は家の中でいちばん高いところなんです。

 

そして、

f:id:aldertree:20180607220604j:plain

ここがこの家のいちばん高いところです。

10分かそこらで

今年はタケノコがたくさんです。

仕事帰りにちょっと寄って、10分かそこらでこのくらい。

f:id:aldertree:20180604232754j:plain

これを車に積んで、「家に帰るまでに出会った誰かに引き取ってもらう」ミッションを遂行します。

世の中には2種類の人間がいます。タケノコを欲しい人と、欲しくない人。

運が良ければミッションは成功します。

タケノコにサンショウやタラノメを添えると、運気がアップします。

タラノメ、もう終わったでしょうって?

いえ、まだあります。トゲが痛いです。

 

今年は何人か、何回か、山に遊びに来てくれました。

時間と人手のあるときは、焚火をします。

f:id:aldertree:20180604232826j:plain

 

焚火で焼いたタケノコ。

f:id:aldertree:20180604232903j:plain

おいしいのと、楽しいのとで、来てくれた人には好評です。

タケノコと枯れ枝が片付くので、私には好評です。

 

 

今日は早く起きたので、庭の草を刈りました。今住んでいる家の庭。

f:id:aldertree:20180604232938j:plain

10分かそこらでこのくらい。

このアジサイから挿し穂をとって、山に持っていきます。

よい天気。

畑の風景

針葉樹のチップを探していました。

「使えるものが手配できたら、運搬と鋤入は引き受けます」

親切な業者さんが言ってくれました。

「使えるもの」、手配できませんでした。

私の畑は草叢になりました。

aldertree.hatenablog.com

1年前の話です。

 

 

電力会社の伐採で竹チップができました。

aldertree.hatenablog.com

犬の後ろの黒っぽいのが竹チップ、手前の白っぽいのも竹チップ。

積み上げたチップの表面は白っぽく、中は黒っぽい。崩してみるまで判りませんでした。

これ、嫌気性醗酵が進んでいるんですね。

f:id:aldertree:20180523213818j:plain

私、まる2日これを運んでいましたよ。

土嚢袋に詰めて、車に載せて、畑に運んで、土に鋤き込みました。

どんな効果があるかは不明。

まあ、やってみましょう。

 

f:id:aldertree:20180523213851j:plain

 

後部座席を畳んだ車にめいっぱい詰め込んだ分。が、畑に置くとこんなです。

なにしろ畑はうわばみです。

10tダンプ20杯分が景色の一部ですからね。

aldertree.hatenablog.com

 

そういえば、その20杯の中に素敵なものが入っていました。

f:id:aldertree:20180523214011j:plain

しなやかな茎でまっすぐに立ち、凛とした色で咲いています。

 

 

さて、サンリッチレモン。

f:id:aldertree:20180523214047j:plain

育っています。

種を土に埋めると育つんですね。

これは嬉しい風景。

どんどん家ができています

5月10日

f:id:aldertree:20180519214238j:plain

基礎やさんの仕事が終わって、前日から大工さんが来ています。

2日で家の形ができちゃいました。

 

5月12日

f:id:aldertree:20180519214406j:plain

屋根は屋根やさん。

前日に下地を張って、晴天のこの日に仕上がりました。

 

5月14日

f:id:aldertree:20180519214425j:plain

床の下地を張っているところ。

 

5月16日

f:id:aldertree:20180521201128j:plain

このシートを張れば雨が降っても大丈夫、だそうです。

 

5月18日

f:id:aldertree:20180519214710j:plain

日が暮れてからの作業はありません。

これは私との打合せのための明かり。工務店さんと建具の相談をしました。

 

5月19日

f:id:aldertree:20180519214736j:plain

ドアがついて、窓がついて、他にもいろいろできています。

ところで、大工さんは犬を放しません。休憩時間の間ずっと抱っこしていました。

 

 

f:id:aldertree:20180519214815j:plain

家の中。日が暮れるとこんな眺めです。

冬はまだ先ですけれど

私の車、MRワゴン、買って1年になります。

f:id:aldertree:20180516231501j:plain

購入時の走行距離15万キロ、初回登録2005年、納入価格18.3万円。

「もっとマシな車に乗ったら?」各方面に言われてきました。

実際、何度かトラブルがありました。

バッテリーで草刈機を使ったらシガーソケットが融けました。

とか、

ブルドーザー代わりに山を走ったらアンダーカバーが落ちました。

とか、

雨続きの畑に乗り入れたらタイヤがはまりました。

とか。

ええ、トラブルの原因は私の性能にあります。車の性能じゃありません。

 

トラブルが起きる度、お世話になってきた人がいます。

うちの駐車場を貸しているディーラーさん、実は親戚の人です。あまり近くない親戚の人。

子どもの頃、一緒に遊んだことがあります。覚えてないけど。

覚えてなくても、あまり近くなくても、親戚なのでお世話になります。

「駐車場は好きに使ってください。代わりに私の車の面倒みてください」

申し出たら、

「お安い御用」

話がまとまりました。

それが、あまりお安くなかったわけですね。

姪が来てからは面倒も2台分になりました。

この姪、ブルドーザー代わりに山を走ってバンパー外したりするんです。

いけませんよ、そんなことしちゃ。

 

さて、先日、新鮮なトラブルが起きました。

私の車がおかしくなりました。

出勤の途中、エンジンの様子がおかしくなりました。

アクセルめいっぱい踏み込んでも吹き上がらない。平らな道路で60キロしか出ない。

って、おかしいですよね。

私の性能じゃなく、車の性能のトラブル、は新鮮です。

いえ、困りました。

なんとか職場に辿り着いたけど、帰りが不安。

なので、専属メカニック(ディーラーさんのこと)に電話しました。

「走ることは走ります」

彼はたいそう忙しいとのことで、

「がんばって家まで帰ってください。後で見に行きます」

言って、切れたのですが。

 

退勤時、駐車場にディーラーさんがいました。私の車にぴったり寄せて停まっていました。

勤務先の名前は教えてあります。教えたのは名前だけです。

それが、

「ちょっと見せてください」

忙しいのに、時間をつくって来てくれました。忙しいので、話は2分で決まりました。

2分後、私は走り去るMRワゴンを見送っていました。行き先は修理工場。

そして、隣でアイドリングしていたワゴンRで帰宅しました。

彼はもちろん、私が乗れる車で来てくれたんです。

 

その夜、修理の様子を尋ねたら、

「まだどこが悪いのか分からない」

ディーラーさんはまだ工場にいました。

「無理をしないで」

お願いしました。

 

私のMRワゴン、買って1年になります。

走行距離15万キロ、12年落ち、18.3万円、

が、充分に働いてくれました。

冬になる前に買い替える予定でした。

引っ越したら電車は使えません。

新しい家は見晴らしの良いところにできます。つまり坂の上。

そして、公道までの距離は150m。

この150mに除雪車は入りません。私が除雪車を入れるんじゃなければね。

なので、冬になる前に四駆に替えるつもりでした。

「無理をしないで」

お願いしました。

 

それが、3日後、

 私の車が戻ってきました。

「直ったんですか?」

「直っちゃったんです」

ディーラーさん、なんか残念そうに。

「もし直らなかったら、乗ってもらいたい車があったんです」

2日前に入ったばかりの車ですって。

軽の四駆ですって。

うちの駐車場に置いてあるんですって。

どれどれ?

f:id:aldertree:20180516232120j:plain

あら、かわいい。

 

2004年式、走行距離13万キロ。は私のMRワゴンと似たようなものだけど、

「程度はだいぶマシ」

だそうです。

「ずっと自分がみてきた車なので」

なら、そう、きっといい車。

「これを、いくらで譲ってもらえるの?」

「11万」

いや、その金額はへんでしょう。

事情を説明してもらいましょう。

 

「たまたま安く手に入ったんです」

彼の馴染みのお客さんの車だったそうです。

タイヤ交換のために預かったそうです。

代車を出したら「返してくれなくなっちゃった」そうです。

代車(マークXだそうです)が売れちゃったそうです。

それで、下取りしたそうです。

「タイヤを替えて、整備して、ガソリンも満タンにしたのに」

だったら、もっと高く売れるでしょう?車検も1年残っています。

「整備代とかはもう、相手に払って貰ってるから」

そんなこと、黙ってれば判りませんがな。

 

買っちゃいました。アルト・ラパン。

私の車が2台になりました。

保険はラパンに移したので、もうMRワゴンには乗れません。

1年、私と一緒にいてくれた車(名前はナットです)は、今、1番地の駐車場にいます。

「好きなように使ってください」ディーラーさんにお預けしました。

すぐに廃車にするのだと思ったら、新しいナンバーをつけてもらっています。よかったね。

f:id:aldertree:20180516232257j:plain

ねえ、ここから、家のできていく様子が見えるんですよ。