6日ぶりの

山です。

f:id:aldertree:20171002230745j:plain

昨夜東京から戻りました。

 

義母は持ち直しました。

医師に「覚悟してください」と言われ、覚悟していた夫は、静かにとても頑張りました。

お疲れさま、よかったね。

 

ということで、池に来ています。

奥の、竹藪の向こうが池です。手前は資材置場。

なんですが、排水がうまく行きません。ついにウシガエルが棲みつきました。

ここをなんとかしなくては。

 

と、言いつつ、鎌を手に取ります。

蔓を見ると払いたくなります。

f:id:aldertree:20171002230904j:plain

木がこんなふうに痛めつけられるには、何ヶ月もかかります。

 

f:id:aldertree:20171002230928j:plain

 払うのは3分です。

 

1本の枝に5種類の葉が繁っていました。

がんじがらめに絡まって、わけが分からなくなっているもの、

しがらみ、

を断つのは、端的に爽快な作業です。

 

この灌木の、種類とか名前とか判りません。

ここに灌木がある景色を、これまで気にとめたことはありません。

が、今日、通りすがりに目をとめて、3分で蔓を払ったので、この灌木は私の既知になりました。

そんなふうに、少しづつ、私の既知が増えていきます。

 

f:id:aldertree:20171002231049j:plain

1時間分の作業を車に載せました。

今日はこのへんで帰ります。